読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

志村つくねの父さん母さんリヴァイアサン

文筆家・志村つくねの公式ブログ。本・音楽・映画を中心に。なるべくソリッドに。

京 サマー PART 1

先週末、サマーソニックに行ってきた。
今年は東京1日目のみの参加。
観たいアーティストが同じ時間帯にかぶりまくるという悲劇をなんとか乗り越え、
終わってみれば今年も楽しかったなぁという印象。

こんなふうに回りました。

WHITE ASH→ TOKIOFear, and Loathing in Las Vegas
→ BABYMETAL→ 浜田麻里→ CHTHONIC(一瞬)→ SUICIDAL TENDENCIES(一瞬)
→ GHOST→ MEGADETHAVENGED SEVENFOLD

我ながら、欲張りである。
全部メッセ内のアクトです。
陽の光を浴びたのはグッズ売場に並んでいるときだけ。

ツイッターではさんざんTOKIO浜田麻里を絶賛したが、今になってGHOSTがジワジワきてる。
数日後に襲ってくる筋肉痛のように、ジワジワ。
霊的にも程があるパフォーマンスでした。
皆で再来日を祈りましょう。
ちなみに、BABYMETALはYUI-METAL派に落ち着いてきた。
もちろん全員キュートなんだが、おこづかいあげるなら彼女だな。
かわいいのは、いいことだ。正義だ。単独公演にも行きたいぞ。

さて、今日書きたいのはサマソニのことではないのだよ。
ここ1ヶ月のうちに2度、京都を散策する機会があったのだ。
使い物になりそうな写真も何点か撮れた。
以前評判のよかった四国旅行記の要領で綴ってみようと思う。

コアなファンならご存知のとおり、僕の実家は大阪にある。
京都なんて目と鼻の先なのに、関東在住のお友達のほうが古都の事情に詳しかったりするんどすえ。
なんとなく、悔しいではないか。
僕はハタチのときに東京に出てきたため、意外と京の観光スポットを見逃していることが多いのだ。
自慢じゃないが、大原三千院にも伏見稲荷にも行ったことがない。
宇治の平等院鳳凰堂もつい数年前に見たばかり。

幸いなことに、JR西日本には「新快速」という光の速さで進む列車がある。
地の利を活かさない手はない。
今後、帰省のたびに、どしどし未踏の地を訪れようという寸法だ。

まずは7月末。
この日は灼熱地獄というわけではなかったが、曇り空の隙間から紫外線がこれでもかと降り注いでいた。
そんななか、青蓮院下鴨神社南禅寺を訪れたのだから、お肌荒れ放題である。
UVケアの重要性を知るにはもってこいの観光だった。

京都到着後すぐに朝ごはん。
「ちゃんと食べておかないと行き倒れになる」というのが僕の思想の核である。
駅の地下街にあるイノダコーヒでエビサンドを食べ、ホットコーヒーを飲んだ。

イノダコーヒ ポルタ支店 - 京都/コーヒー専門店 [食べログ]

この辺じゃけっこう有名なチェーン店なんだが、ちょっと高いね。
味もまぁまぁかなぁ……。
全体的に……酸っぱい……。
いちばんおいしいメニューって、どれなんだろう。
店内の雰囲気はいいですよ!
いきなり写真を撮り忘れるという失態をかましてますが、各自ググってみてください。

散策の出発点は京都駅前のバスターミナル。
ここで一日乗車券を購入し、それぞれの明日を目指すのがトレンドだ。

京都市交通局:市バス・京都バス一日乗車券カード

年々、この時期のバス列が国際色豊かになっている気がする。
満員の車内でおばちゃんがイタリア人の学生たちに話しかけていたなぁ。英語で。
「どこから来たの?イタリア?ウチの息子は京都大学に行ってるのよ」とさりげなく自慢するあたりが
なかなかな感じでしたね。
京都の神髄を見たね。

とりあえず、祇園で降りた。
アパホ○ルでトイレを借りた。
さて、どうする?
ここで青蓮院を訪ねようということになったのだ。と、思うよ。たしか。

青蓮院ってどんなところ?
詳しくは次回のお楽しみ。
それはそれは静かで落ち着く場所だったんですよ。
f:id:tsukunes:20140822004810j:plain