読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

志村つくねの父さん母さんリヴァイアサン

文筆家・志村つくねの公式ブログ。本・音楽・映画を中心に。なるべくソリッドに。

人生いろいろあるわね 外は秋の空気ね

風が冷たくなってきました。

お元気でしょうか。

僕は先日の健康診断で痛風予備軍と診断されました。

どんな軍もイヤだけれど、これまた微妙な軍に入隊させられたものです。

暴飲暴食を控えた生活を心がけます。

あと、適度な運動。

うう……。

 

秋が深まるにつれ聴きたくなるのは、R&Bとヒップホップですね?

(←我ながら胡散臭い問いかけ)

最近はお仕事の関係でこの辺の音楽をチェックすることが多く、

背伸びしていたあの頃が懐かしく思われるのであった。

 

皆さんご存知のとおり、僕は永遠のハードロック/へヴィメタル少年なわけですが、

小中学生の時分はそれなりに周りの嗜好に合わせた音楽にふれていたのでした。

あまりジャンルを限定せず、直感的に「これはいいぞ!」と思ったものを吸収したことがよかったのかも。

この姿勢は今でも変わっていません。

 

音楽に興味を抱いた小5から小6の頃、MTVでバンバン流れていたのは、

こんな楽曲の数々でした。

 

・KRISS KROSS "Jump"

・HAMMER "2 Legit 2 Quit"

・HOUSE OF PAIN "Jump Around"

TLC "Baby-Baby-Baby"

EN VOGUE "My Lovin' (You're Never Gonna Get It)"

VANESSA WILLIAMS "Save The Best For Last"

BOYZ II MEN "End Of The Road"

MARIAH CAREY "Emotions"

 

わー。いい時代だなぁ(笑)。

振り返ってみれば、僕はコブシが効いてる曲がすんごく好きだったのかもしれん。

このような名曲群とともに、METALLICA "Enter Sandman" やPearl Jam "Jeremy"などが繰り返し繰り返し流れていましたねぇ。

 

Y●uTubeの動画を貼りたい誘惑に駆られるが、音楽ライターのはしくれとして、

それをやるのも微妙な気がする。

というわけで、文字情報のみの掲載ご容赦。

なんとか音源を手に入れて聴いてください!

 

高校のときは、FugeesとかCoolioなども人並に聴いていた気がするなぁ。

で、Rage Against The MachineThe Prodigyに衝撃を受けて、今に至る、と。

すごく雑な振り返り方だな。

人に歴史あり、です。