読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

志村つくねの父さん母さんリヴァイアサン

文筆家・志村つくねの公式ブログ。本・音楽・映画を中心に。なるべくソリッドに。

記号体験

国技館で観たアイアン・メイデン2DAYSが圧倒的だった。

メタルという音楽を聴いたことがない人でも、いや、音楽に関心のない人でも、

あのスペクタクルを目の当たりにすれば、心が動くだろう。

それぐらい徹底的なのだ、彼らのライヴは。

 

「あのゾンビ風でガイコツ風のアートワークがどうもダサいなぁ」などと

敬遠している人ほど、案外のめり込みやすいのではないか。

かつての僕もCDジャケが怖くてなかなか手に取らなかったクチですが、

無心に耳を傾けてみると、ブリリアントな世界が広がっていた。

海賊船の財宝を発見したような気分だったなぁ。

 

どのアルバムから聴けばいいのかわからない。

そんな人は、最新のライヴ盤からさかのぼって聴いてみるといいかもね。

代表曲が網羅されているし、会場のとんでもない雰囲気も封じ込められている。

本能の赴くままにウォーウォー叫びたくなること請け合い。

僕が一番好きなアルバムは『POWERSLAVE』です。ベタですが。

 

ぐっすり眠って目を覚ますと、プリンス死去の報が飛び込んできた。

ツイッターで皆が言ってるけれども、昨年末から今年にかけてのこの流れは

なんなんだ。

やめてもらいたい。

 

正直に言えば、熱心にプリンスの音楽に触れてきたわけではない。

でも、彼がどれほど偉大なのかはわかる。

メタルやらプログレやらの名盤を漁り、「もう聴くものはない!」なんて

調子に乗っていた20代後半に聴いた『Planet Earth』(2007)は衝撃だったなぁ。

ここに収録されている「Guitar」という曲が超カッコよくて、大好きでした。

今後、いろんな側面からプリンスのことが語られると思うけれども、

僕にとって、彼はスペシャルなギタリストです。

どうか安らかに。