読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

志村つくねの父さん母さんリヴァイアサン

文筆家・志村つくねの公式ブログ。本・音楽・映画を中心に。なるべくソリッドに。

食物繊維がキいている

4月は意識的にブログの更新ペースを上げてみたのだが、いかがだろうか?

そんなこと聞かれても困ると思うけど、まぁ、そういうわけなのだ。

5月もこの調子でスパークする予定。

 

先月読んだ本のなかから、面白かったものを簡単にご紹介するよ。

自分のためのメモともいう。

 

小谷野敦『宗教に関心がなければいけないのか』(ちくま新書)

小谷野さんの独特の語り口が好きで、新刊が出るたびに楽しく読んでいる。

今回もおおいに笑った。

言論界は彼の視点を軽視しすぎていると思う。

面白いのになぁ。

 

佐々木敦『ニッポンの文学』(講談社現代新書

『ニッポンの思想』、『ニッポンの音楽』に続くシリーズ第3作。

この中では、これが一番タメになった。

現代日本の小説の流れがだいたいわかります。

”だいたいわかる” という点が貴重なんだよ。

いい仕事。

 

川島誠『800』(角川文庫)

たしか、歌人枡野浩一さんに薦められて、Kindleに放り込んでおいた作品。

これがもう、読み出したら止まらない青春小説でして。

思春期のムラムラを生々しく描き切ると同時に、下品な方向に陥らない美しさがある。

800メートル走なんて、なんの興味もない種目だったけれども、

これを読んで見方がだいぶ変わった。

感性が若いうちに読んでおくといいかも。

 

以上。 

他にも何か思い付いたら、ご紹介します。

 

僕はSFやポストモダン小説があまり得意ではないのかもな~と考える今日この頃です。

私小説やら人様の日記をのぞくのが好きなのかもね。

自分でもよくわからん。ではまた。