読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

志村つくねの父さん母さんリヴァイアサン

文筆家・志村つくねの公式ブログ。本・音楽・映画を中心に。なるべくソリッドに。

ベークド

2泊3日の帰省という名の旅を終え、いよいよ日に焼けてきた。

もともと色白で、小麦色とは無縁の生活を送っていますが、

ここ数年、急に日光を吸収する体質になったような。

とはいえ、いい塩梅にこんがりと焼けることはできなくて、

いつも妙にまだら色なんである。

 

去年、横浜スタジアム高校野球の地方予選を観た際には、悲惨な目に遭った。

露出する部分にまんべんなく日焼け止めを塗り、万全の態勢で臨んだのだが、

両の膝小僧がりんごみたいに真っ赤になった。

あれはヒリヒリ痛かった。精神的にも痛かった。

今でも不健康な茶色が膝の上で主張している。

 

そして、今年。

茨城県は国営ひたちなか海浜公園で行われるROCK IN JAPAN FES.

初めて赴いたのであった。

噂には聞いていたが、東京からバスで約3時間という、なかなかの距離。

”海浜” というからには照りつける太陽も相当のものなんだろうと

予想しましたが、果たしてビンゴ。

ほとんど遮るもののない状態で、流浪の民のごとく、出演バンドの熱演を

楽しみました。

 

昨年の両膝の教訓があるものだから、出発前、念入りに脚まわりに

日焼け止めを塗ったくったわたくし。

人間椅子、BABYMETAL、ドレスコーズ赤い公園Dragon AshUVERworldなどの

熱演を眺めながら屋台の食べ歩きをするのは格別でした。

 

帰りのバスで熟睡し、家に帰ってシャワーを浴びたときの達成感は何物にも代えがたい。

じっと膝小僧を見つめる。

焼けてない。真っ赤じゃない。

バランスよく焼けるって、素晴らしい。

そんなことを考えながらニマニマ笑っていたら、ハッと気づくのであります。

両ふくらはぎのみが、やたらとこんがりしていることに。

なんなんだろう。この詰めの甘さは。

 

僕は一日だけの参加だったのだが、全4日間観に行った人の体力とハートには感服します。

いろんな場所に行ってみるもんだな。

体を張ってみて初めて気づくことって、たくさんある。

変にまだらに焼けた肌を見つめながら、今年の夏も終わるなぁと感慨深くなっているお盆です。