読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

志村つくねの父さん母さんリヴァイアサン

文筆家・志村つくねの公式ブログ。本・音楽・映画を中心に。なるべくソリッドに。

体育大会

運動会というものが嫌いで、夏休み明けの1ヶ月間はたいへん憂鬱だった。

特に、全校行進や組体操といった、連帯責任がつきまとう競技が甚だ遺憾でして、

毎日のように雨降りを願ったものであります。

とにかく、膨大な時間を使って行う練習がたまらんかった。

今でも、マスゲーム的な映像がテレビで流れると、うええええっと声を出して

倒れ込むほどです。

なんであんなことをやる必要があるんだろう?

日本の深き闇だと思っています。

 

当然のごとく、50m走、100m走、200m走、1500m走など、「走」の付く競技は

苦手中の苦手だった。

そもそも、何故走る必要があるのか。

私は大地をゆっくりと踏みしめていたい。

 

障害物競争は、まだ許せる。

頭上からぶらんと吊るされたあんぱんなどをゲットできるから。

でも、高校時代、ゴール手前の魚網のようなものをかいくぐるゾーンで

おでこを地面に打ち付けてからは、忌むべき出し物という認識に至った。

何事にも罠があるものだ、という気付きを得た。

 

綱引き、大縄跳びのたぐいも、できることなら避けて通りたい。

全員で力を合わせて! なーんて合言葉めいたものが飛び交うこの状況下、絶対にサボっている奴が数名いる。

アホらしい競技と思いながらも、私はそこそこ真心こめて挑んでしまうタイプ。

勝っても負けても、徒労に終わるのだ、ヒモと戯れるスポーツは。 

 

今はどうだか知らないが、大阪府下の別の高校では、運動会の種目をすべてサッカーなどの球技に変えて楽しんでいたそうだ。

うらやましい。球技なら、なんとかワイワイできる。

にぎやかし程度には参加できる。

でも、サッカーはサッカー部の人たちが、バスケはバスケ部の人たちが、

リキリキ頑張っちゃって、シラけるんだよな。

運動のできる人は、結局、生存競争のヒエラルキーの頂上にいるんだよな。

とか、なんとかかんとか自己内対話が始まっちゃって、フォースの暗黒面に堕ちるので、ダメダメダメ。

 

運動のない運動会にしましょう運動を呼びかけたいような秋の空です。

今日も元気に体を動かそう。