読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

志村つくねの父さん母さんリヴァイアサン

文筆家・志村つくねの公式ブログ。本・音楽・映画を中心に。なるべくソリッドに。

ありがとうございました2016年

2016年も最後の一日となってしまった。

なんなんだ、この時の流れの速さは。

もう若くない。

ぼやぼやしていられない。

だって、来年、37だもの。

そんなことばかり考えて過ごしてきた一年です。

 

ありがたいお仕事を頂くにしたがって、相応にカリッとくる出来事に遭ったりもしましたが、そうこなくっちゃ。これぞ人間界。

この調子でいけば、もっと面白い世界が広がるんではないかと期待しております。

数年前まで、のほほんと大学院生活を謳歌していた甘っちょろい自分に、現状を

見せてやりたいです。

えらいことになってるよ、と。

0.1%の悪いこと、99.9%の素晴らしいこと、といった配分でしょうか。

予想外の、奇跡のような出会いばかりでニッコニコです。

日々、勉強です。

 

今夜観に行くライヴで、今年は125本の公演を観たことになる。

来年もこのペースを続けられることが理想。

若い人(自分もまだまだ若造らしいのだが)に伝えておきたいのは、

できる限りたくさん観ておいたほうがいいですよ、ということ。

これは映画や演劇にも当てはまると思います。

観もせず聴きもせずに、悪口を言うのが一番よくない。とっても悲しい。

「多作は良作を生む」みたいなことを、かのアラーキーが言ってましたよ。

肝に銘じておきたい言葉ですね。

 

読むこと、書くこと、そして音楽に重心をかけて来年も活動していきたいのですが、

ここらで一発仕掛けなきゃなとも思っております。

要するに、いろんなことをやりたい。

この2年ぐらい、”やるやる詐欺”に終わっているDJデビューにも決着をつけたいです。

(昨夜、父に、「お前、DJはいつやるんだよ!」とやや怒られました。このブログ等見ているらしい。ありがとう、ありがとう。)

 さらには、メディア露出もどんどん行っていきたいですね。

露出っていっても、ヌードになるとか、そういうことじゃなくて、人前に出て発信し、生の声をうかがうというタイプのやつ。 

交流は楽しい。

意外な角度から物事を考えさせられる機会にはワクワクします。

そういうわけで、よろしくお願いします。(←誰に言ってる?)

 

「今年もありがとう。来年もよろしくね」と言える日があることだけで、尊いよ。

僕らはみんな、生きている。

生きているから、歯を食いしばるんだ。

理想は、仕事したい人とだけ仕事をするということですね(爆)。

自由業という身分をもっと上手に使いこなさなきゃなと思うわけであります。

 

とにかく、元気な毎日を。

なるようになるし、なりたいものになるのである。

皆さんが幸せな一年とその先を迎えられますように。