読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

志村つくねの父さん母さんリヴァイアサン

文筆家・志村つくねの公式ブログ。本・音楽・映画を中心に。なるべくソリッドに。

思うがままにべろんべろん

やっほー。

まだまだ寒くて、体が動きません。

だんだん頭も動かなくなってきました。

せめて風邪だけはひかないように、自家発電あるのみです。

意外と葛根湯が効くのである。

 

今年ももう3ヶ月が過ぎようとしていて、「いったい自分は何をやってるんだ」という焦りと「すごく濃い日々を過ごしてるなぁ」という充実とが混在しています。

妙な感情。

とにかく、自分を応援してくださっている方が地球上に一人でもいるのなら、その方のために今の仕事を一生懸命やろうというのが本心です。

どう転んでも、面白くありたいのよ。

 

大学院を出て、フリーランスの物書きに一本化して、丸3年が経とうとしています。

早いですねぇ。

この間、現時点での力量では言語化できないことがたくさんありました。

「なめんなよ?」と声に出して詰め寄りたいぐらい悔しいこともあったし、

平気で約束を破られて、悲しい思いをしたこともあった。(成敗してやる!)

でも、それ以上の喜びや幸せに支えられて生きております。

いい人は、いい。

それに尽きると思います。

出会いに感謝です。

 

こうなってくると、「いい人とだけ、仕事をしたい」という欲望が芽生えてきますが、世の中、そううまくはいかないもの。

この辺に関しては、「心が折れたときこそチャンス」だと考えることにした。

まだまだ修行が足りませんけどね。

いつか、何事もニコニコ笑って済ませられる時が来るのだろうか。

 

社会に出て身に染みてわかったのは、人の情けであります。

大学という組織に長く長く在籍していたせいか、我ながらどこかが狂っていたんだなと近頃痛感します。

ようやく、生き延びていくためのバランス感覚が育ってきたというか。

どんな分野でも、ご飯を食べていくのは大変であることよ……。

もうすぐ37歳になるおっさんが何言ってんだかって感じですが、まぁそういうことだ。 

 

うまく言えないけれど、今こそ、創造の場に”ちゃんとした若い人”が集うべきだと思います。(もはや、そんなに若くないから、こういうことが言える。)

プライドを持って表現できる人。

目がいきいきとしている人。

あたたかみがある人。

ささやかな勇気を胸に抱いている人。

僕は、そういう仲間を数多く作りたい。

どうか、よろしく、頼みます。

あなたが、ここに、いてほしい。

 

なんか、安物の政治集会みたいなブログになっちゃった。 

志村の「志」は「こころざし」の「志」だよなぁ。

原点に帰るべき春かもしれません。 

一つひとつを、丁寧に。