読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

志村つくねの父さん母さんリヴァイアサン

文筆家・志村つくねの公式ブログ。本・音楽・映画を中心に。なるべくソリッドに。

引き締め効果

おお、快晴である。

しかも、こどもの日。

それだけで強くなれる気がするよ。

希望がふわふわと舞っているようであるよ。

 

朝ごはんを食べたばかりだというのに、もう昼ごはんを何にしようかと考えている。

まるで食いしん坊のようである。

まぁ、否定はしませんが。

ボロネーゼ的なものを口にしたいが、そういえば昨日の昼はボロネーゼなのだった。

どうなっとるんだ。

ついにボケてきたか。

 

食いしん坊といえば、90年代の一時期、見るも無残にブクブクと肥えていたダフ・マッケイガンの自伝を読み終えた。

なんとも素晴らしい内容。

泣かせにかかっているわけでもないし、話を過剰に盛っているわけでもない。

にもかかわらず、熱いものがこみ上げてくるドラマティックな物語です。

僕はこの人のことが、より一層好きになってしまった。

”乗り越える”って、すんごいことですよ。

 

ガンズ・アンド・ローゼズという巨大バンドのベーシストとして、というよりは、一人の人間として、しっかりと己の闇と向き合っている姿勢がじつに真摯。

特に、ドラッグとアルコールに関する描写は凄まじく、「よくこんな状況から抜け出すことができたものだな……」と腕を組んで考え込んでしまうほど。

ただひと言、生きてくれていてよかった。 

 

ぶ厚い本で、情報量も多く、そんなにスイスイと読み進められる類の自伝ではない。

だが、時間をかけた分だけ「あの時、ダフはこんなことを考えていたのか」とか、「まさか、水面下でそんな交流があったとは!」といった発見が身に染みてくること請け合い。

無責任に万人に対してオススメすることはできないけれども、武道との出会い、試練を経たのちの大学での学びなど、そこかしこに生きるヒントが散りばめられております。

とりわけ、プロローグや謝辞に彼の精悍な人柄が表れていると思った。

 

ちなみに、僕は、奥様や娘さんたちを軸とした家族との何気ないエピソードにいちいち涙したのであった。

そして、不意打ちで登場するアクセルやイジーがとてもいい味を出しています。

読み終えたファンの方々と読後感を共有したいですなぁ。

1月の来日公演時の異様なカッコよさを裏付ける、生きざまと言霊。

自己の弱さと向き合う強さが結晶と化した良書です。