志村つくねの父さん母さんリヴァイアサン

文筆家・志村つくねの公式ブログ。本・音楽・映画を中心に。なるべくソリッドに。

ずれ

先日公開した問答無用工務店の社歌、見事なまでに反応がなかった。

世間というものの残酷さを噛みしめる日々であります。

唯一コメントしてきたのが父、というところが妙に生々しくて、無情。

作詞家デビューまでいったい何光年かかるのか。

 

四半世紀ぶりに靴ずれができたのです。

痛いのを通り越して、なかなかどうして、ちょっと誇らしい。

新品のスニーカー、足にフィットしていないわけではないのだ。

むしろ、つま先をスッポリ包む優しさ? っていうの?

それが頼もしくもあったりする。

 

たまたま履いていた、丈の短いソックスがよくなかっただけのことなのだ。

左のかかとに「鉄棒でこしらえたマメ」みたいな勲章が輝いている。 

そーっとバンドエイドを貼ってみる。

久しく経験したことのない”キッズの感覚”に打ち震える。

まぁ、そこまで大袈裟に書くことでもないんだけど。

生きている証を欲しているのでしょうか、私は。

 

春先に買ったナイキのエアジョーダンの1のミッドのナントカ。

これが絶妙のカラーリングで、ビビビッときたのである。

黒と金が下品にならない程度にバランスよく配置されており、

これを履いて闊歩している間は無敵になれる。

トゲだって踏めるし、火柱の上だって歩ける。

ABCマートのセールで1万円切っていたことも、おれを無敵にさせた(庶民派をアピール)。

 

中学生から高校生にかけて、ナイキ一択の青春を過ごしてきたのだが、デザインが近未来的になってきたある時期から、熱が醒めていったのです。

やっぱり、あのヒュンってマークがちゃんと主張していないとダメなのだ。

ヒュンってマーク。

あの、バナナみたいなやつ。

小さすぎてもいけないし、大きすぎてもいけない。

ましてや、”なかったことにされる”のが一番イヤだった。 

そんな卑怯な大人にはなりたくなかった(尾崎豊的なまなざしで)。

 

近年、ナイキはいい仕事をしていると思う。

そのデザイン性と機能性にキャッキャしていたあの頃が甦るような復刻計画。

街中でイカしたエアマックスを履いているおにいさんを見かけると、肩をポンポンと叩きたくなります。

嘘です。そこまでの社交性は、僕にはありません。

 

今日も元気にお出かけです。

久々の靴ずれをいたわりながら、ヘラヘラと。

散々ナイキを持ち上げておいてナンですが、

雨上がりで道がぬかるんでいるので、”雨用のプーマ”を履いていきます 。

よい一日を。

広告を非表示にする