読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

志村つくねの父さん母さんリヴァイアサン

文筆家・志村つくねの公式ブログ。本・音楽・映画を中心に。なるべくソリッドに。

つくねズ・アペタイト

ライヴ観てレポート書いて、ライヴ観てレポート書いて、大阪に行ってトークイベントに出て、東京に帰ってきて、ライヴ観てレポート書く。

という至極まっとうな文筆家生活の先週でした。素晴らしい。

記事をお読みいただいた方々、お話をお聞きいただいた方々、ありがとうございました。

 

今回の出張で学んだことは多くて、その一つが”新幹線で食べる弁当問題”だ。

べつにわざわざ弁当を買わなくても、乗り降りの前後でどこかお店に入ったりすればいいじゃないかって話ですが、そこは旅情がほしいところ。

最近は、よほどの事情がなければ、乗車前に弁当を買うことにしている。

 

以前も書いたように、東京駅で手に入るものなら、崎陽軒シウマイ弁当、eashionのハンバーグ御膳、 チキン弁当、えび千両ちらしあたりは間違いがない。

「せっかくなので、冒険心を見せたる!」と毎度勢いよく弁当屋を覗くものの、この辺に落ち着くチキン(弁当)野郎ですよ私は。

いつか叙々苑の焼肉弁当を気前よく買える人間になりたい。

 

で、近年の弁当屋改良により、東京駅構内ではそこそこのものが手に入るようになったんだが、新大阪駅よ頑張れ。

在来線~新幹線改札までのゾーンは、なんだかいろいろ出来ていて頼もしく、地下鉄~新幹線改札の道中もKYKやスエヒロの弁当が手に入るので、グッド。

ところが、何も買わずにうっかり新幹線の改札に入ってしまうと、なんとも言いようのない凡庸な幕の内ぐらいしか手に入らなくて、弱るのです。

今回も経験したんだが、ご飯がどことなく酸っぱいんですよね……。

酢飯?

 

まぁ、美味しい思いをするなら、そこそこ努力しなければならないのは当然で、梅田あたりで「これは!」とガッツポーズするような食料を調達するしかないのかもしれません。

京都から乗り込んできた隣のおじさんが、めちゃくちゃウマそうな卵焼きとおむすびとイカのから揚げで冷酒を一杯やっていたので、激しくうらやましくなった。

私、餓鬼道に落ちた亡者のごとき表情をしていたはず。

一食一食のセレクションに手を抜かず、満たされていきたいものであります。

 

また旅に出たいよ。