志村つくねの父さん母さんリヴァイアサン

文筆家・志村つくねの公式ブログ。本・音楽・映画を中心に。なるべくソリッドに。

どうかしていた頃

紙資料を処分していたら、レポート用紙に書かれた変な歌詞が出てきた。

その昔、僕はこんなことを考えていたらしい。

ただただ、ゾッとする。

せっかくなので、公開する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 社歌(仮) 作詞:志村 作曲:問答無用工務店

筋少「じいさんはいい塩梅」風

 

三鷹の森の木の下で

モグラの生き血をすすって生きる

ベンゼン第一 安全第二 三時のおやつは三省堂

 

モテたい 売れたい 狂わせたい

嗚呼 われらの 問答無用工務店

(問答無用~問答無用工務店

 

承ります 勝つまでは

ドバイに自社ビル 建つまでは

第三セクター 第三世界 この世はわれらに大賛成

 

お父さん お母さん リヴァイアサン

嗚呼 われらの 問答無用工務店

(問答無用~問答無用工務店

 

社員旅行は 終止符(ピリオド)の向こう側

行きついたのは 幕張の向こう側

But you can never leave...

 (ホテル・カリフォルニア風のギターソロ)

 

頼まれなくても 作ります

やっぱムリです ごめんなさい

電通貫通 ジブリをズブリ 完全週休七日制

 

Give it to me Give it to me 平野レミ

嗚呼 われらの 問答無用工務店

(問答無用~問答無用工務店

嗚呼 われらの 問答無用工務店

(問答無用~問答無用工務店

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご覧のとおり、ひどい有り様ですな。

2008年頃の作品でしょうか。いや、もっと前かもしれない。

中学生がこんなこと書くならまだしも、当時の僕は20代後半ですからね。

病んでいたのかしら。

 

大学のサークルでいくつかのコピーバンドを経験したものの、僕はオリジナルバンドというものをやったことがなかったのです。

ある日、表現意欲に火がついて、「問答無用工務店」というラウドロックバンドを立ち上げたのでした。

立ち上げただけで終わりましたが。

 

その頃、マーズ・ヴォルタというバンドがイケイケっぷりを発揮していて、なんかそういう即興的要素のある音楽をやりたかったのでした。

音楽性としては、”かわいいメガデス”を標榜。

これまた、どうかしている。

 

結局、形にはならなかったのだけれど、2回ぐらいスタジオに入ったと記憶しています。

あの時、己の欲望に巻き込んでしまった友人たちに対して、大変申し訳なく思う。

何事も中途半端な僕ですが、書くことだけはやめないで生きているよ。

ちなみに、本ブログのタイトルは、この歌詞からの引用。

人に歴史あり、ですな。

季節はずれの餅つき

地味ではあるが、調子は上向きです。

ちょこちょこライヴを観に行き、イベントに顔を出しているうちに、気持ちが軽くなりました。

単純なものです。

 

先日、電車の座席で本(ラヴクラフト全集)を読んでいたら、隣に3歳ぐらいの元気な男の子が座ってきました。

お母さんはアジア系(たぶんベトナムかどこか)の方で、その子の行儀をじっと監視。

時折、母国語で「そんなことしちゃダメでしょ!」という風に注意を与えます。

そんななか、どうしたことか、坊やが僕のお腹を横から突いてきたのです。

巨大な鏡餅の弾力を確かめるような手つきで、二度三度、つんつく、つんつく。

そんなに珍しいのか、成人男子の腹が。

 

あまりの唐突な出来事に、恥ずかしいやら微笑ましいやら。

それに気づいたお母さんがひたすら低姿勢な日本語で「すみませんでした!」と謝ってこられたので、こちらのほうが申し訳なくなってしまった。

ご当地キャラにでも間違えられたのでしょうか。

僕は着ぐるみではありません。

 

そんなこんながありまして、最近は、ウォーキングに加え、ストレッチポールを使った運動に励んでおります。

まぁ、運動といっても、丸太みたいな棒に仰向けに寝そべってエヘラエヘラするだけなんですけれども。

これが効果てきめんで、背中のコリがほぐれ、骨盤の歪みが改善され……たような気になっています。

実に深く眠ることができて、満足です。

きっと、体の内も外もナイスコンディションなう、なんである。 

べつにこの運動器具の回し者ではないんだが、一日中パソコンに向かっている人には激しくオススメしますよ。

すごいんだから。

 

このポール、一つだけ難点があって、運動を終える際には尻からずり落ちねばならないのです。

ずずず、ずずずっと下半身を支えにして、後頭部を守るという寸法。

これがけっこう不恰好で、やるたびに頬を赤らめてしまいます。

この瞬間をあの坊やに見られたら、即つんつくされるでしょうなぁ。

 

体重は減らない。

夢は増える一方だ。

今週ものびのびといきましょう。

LPN ストレッチポール(R)EX ネイビー 0001
 

 

 

過程はサイレント

なかなかブログが書けません。

「とくにご披露すべきネタもないしな……」などと逡巡しているうちに、頭がダークオーラに支配され、ウウウッとうずくまるのです。

日常生活はそれなりにうまいことやっておりますが、ちょっとした瞬間に、どす黒い気流みたいなのが襲ってくることもある。

その隙をついて、”安全圏”からあーだこーだとしょうもないことを言ってくる人がいる。

僕はけっこう図太いところがあるので、たいていのことはやり過ごせますが、こういうことが頻発すると、ちょっとね……。

この下品さを無視することにも、少なからぬエネルギーと気合いが必要なのです。

「全部栄養にして食ってやる!」とも思うけれど、心と体は正直なものです。

まぁ、若い証拠なのだろうか。

 

というわけで、このところ弱っていたことを白状します。

でもね。

僕の敬愛するギタリストK-A-Zさんがツイッターに引用された、ニッキー・シックスの言葉。

これが今の僕にとってあまりにも決定的なメッセージで、もりもり元気が出ましたよ。

モトリー・クルーのラスト・ライヴ〈THE END〉でニッキーが放ったMCだそうです。

(「だそうです」と言うのにはワケがあって、僕、実はまだこの映像を見ていないのです。なんという体たらく。)

 

手に入れたいものがあるなら諦めるなってことだ

夢をけなすヤツもいる

アイディアや学歴にケチをつけるヤツ

太りすぎだ痩せすぎだとほざくヤツ

そんなヤツらの言葉に惑わされるな

叶えたいことがあるなら何度でも繰り返すんだ

 

マイ・ヒーローの言葉の重みよ。 

あきらめませんよ、僕は。

 

フリーランスの物書きとして独立してからの数年間、実に貴重な経験をしています。

良いことも、悪いことも。

己のことすら整理できていないのが現状ですが、僕は常に弱い者の味方でありたい。

そして、いつ何時も、おもしろカッコよくありたい。

どこの馬の骨ともわからぬ僕を、はじめから一人前に扱ってくれた優しい人たちのようになりたい。

いつの日か、自分の体験を、より若い世代に語り伝えられるといいな、と。

 

つくづく、言葉って大事ですね。

光にもなるし、闇にもなる。 

そのうち、すべての出来事を笑って振り返ることのできる日が来ると信じています。

今は目の前のこと一つひとつにベストを尽くすのみであります。

 

お腹が減りました。

へこたれません。

もち

また変な夢を見た。

つきたてアッツアツの餅をバスケのゴールに向かって延々と放る、というやつ。

次から次へと、グニュグニュの物体をフリースローするんです。

手がベタベタするわ、やけどするわで、だんだん泣きたくなってくる。

ネットに餅がだらしなく引っかかったところで目が覚めた。

何かを予言しているのかな? 今週も楽しそうですね。

 

さて、ジュンク堂書店・池袋本店にて開催の和嶋慎治さんと堀田芳香さんとのトークセッション、大変面白かったです。

2月に別の場所で行ったトークイベントとは趣の異なるお話が飛び出しましたね。

司会進行の務めを忘れて聞き入ってしまうほど、笑ったり感心したりしました。

ファンの皆さん、読者の皆さんの反応を直接感じる場は貴重です。

ご来場いただいた皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。 

 

急に暑くなったので、バテ気味です。

本格的な夏に入ったら、どうなってしまうんだろう。

まずは紫外線との戦いを制して、 人前に出るにふさわしい美肌を育てていきたいと思います。

書くのも快楽、しゃべるのも快楽。

今後もご期待ください。

引き締め効果

おお、快晴である。

しかも、こどもの日。

それだけで強くなれる気がするよ。

希望がふわふわと舞っているようであるよ。

 

朝ごはんを食べたばかりだというのに、もう昼ごはんを何にしようかと考えている。

まるで食いしん坊のようである。

まぁ、否定はしませんが。

ボロネーゼ的なものを口にしたいが、そういえば昨日の昼はボロネーゼなのだった。

どうなっとるんだ。

ついにボケてきたか。

 

食いしん坊といえば、90年代の一時期、見るも無残にブクブクと肥えていたダフ・マッケイガンの自伝を読み終えた。

なんとも素晴らしい内容。

泣かせにかかっているわけでもないし、話を過剰に盛っているわけでもない。

にもかかわらず、熱いものがこみ上げてくるドラマティックな物語です。

僕はこの人のことが、より一層好きになってしまった。

”乗り越える”って、すんごいことですよ。

 

ガンズ・アンド・ローゼズという巨大バンドのベーシストとして、というよりは、一人の人間として、しっかりと己の闇と向き合っている姿勢がじつに真摯。

特に、ドラッグとアルコールに関する描写は凄まじく、「よくこんな状況から抜け出すことができたものだな……」と腕を組んで考え込んでしまうほど。

ただひと言、生きてくれていてよかった。 

 

ぶ厚い本で、情報量も多く、そんなにスイスイと読み進められる類の自伝ではない。

だが、時間をかけた分だけ「あの時、ダフはこんなことを考えていたのか」とか、「まさか、水面下でそんな交流があったとは!」といった発見が身に染みてくること請け合い。

無責任に万人に対してオススメすることはできないけれども、武道との出会い、試練を経たのちの大学での学びなど、そこかしこに生きるヒントが散りばめられております。

とりわけ、プロローグや謝辞に彼の精悍な人柄が表れていると思った。

 

ちなみに、僕は、奥様や娘さんたちを軸とした家族との何気ないエピソードにいちいち涙したのであった。

そして、不意打ちで登場するアクセルやイジーがとてもいい味を出しています。

読み終えたファンの方々と読後感を共有したいですなぁ。

1月の来日公演時の異様なカッコよさを裏付ける、生きざまと言霊。

自己の弱さと向き合う強さが結晶と化した良書です。 

 

ねえドリーミン、こっち向いて。

こんにちは。

こんばんは、かな。

まぁ、何でもいいです。

充実の日々を送っていると、なかなかブログを書こうという気にもなれないもので。

その一方で、悲惨な時間を過ごしていると、ブログのブの字も思い出せないもので。

総じて、ダメですっ。

や、ある意味、絶好調ではあるんですが。

とにかく、気を引き締めなきゃ。

 

4月が終わろうとしている。

ということは、1年の3分の1が過ぎ去ろうとしているということ。

惰眠をむさぼらずに一日一日を大切にしようという意識はあるのだが、にんげんだもの

むさぼっちゃうぜ、惰眠。

 

基本的に、1時頃には寝て、7時台には起きるという生活を心がけているんですけれど、ここのところ、けったいな夢ばかり見る。

ツイッター上で「他人の夢の話ほど面白くないものはない」という論調をよく目にするのだが、果たしてそうなんだろうか。

僕、わりと好きなんだけどな、人様が見た夢の話を聞くの。

 

ツイッターでは遠慮しがちだけれども、本当のところは、毎朝、さっきまで見ていた夢の話を滔々と語りたい気持ちになる。

ここ数日では、草餅がいっぱい出てくる夢が秀逸だった。

どこがどう秀逸だったか、ディテールまで覚えていないところが間抜けなのだが。

とにかく、草餅まみれで幸せだったんですよ。

匂いも弾力も、よかった。

草餅よりも柏餅が好きなのだけれど、そこは素直に従っておこう。(何に?)

 

食べ物が登場するときは、おおよそ、日常生活もオーライといったところか。

公私にわたり絶不調のときに見る夢は、だいたい決まっている。

永遠に落とし穴に落ち続ける夢。

いや、正確には、「落とし穴に落ちる→落とし穴の底に足がつく→足がついたと思ったら底が抜ける→落ちる→足がつく→足がついたと思ったら……」の無限ループです。

これが朝目覚める瞬間まで続くのだ。

あれ? もしかして、僕は病んでいるのかね???

 

まぁ、僕は大変図太いところがあるので、この程度ではへこたれませんよ。

今後もバリエーション豊富な我が夢に期待したいところです。

最近よく見るお気に入りは、野球選手になる夢。

「打率.267、送りバントの名手」という地味な設定がじわじわきます。

「せめて、夢の中だけでもホームランをかっ飛ばしたいYO!」などと嘆きつつ、今日も明日も現実を清く生きようと誓うのであった。

I HAVE A DREAM.

変えてゆく

東京はようやくの青空が広がっている。

紫外線がおでこに突き刺さります。

朝晴れていると、自然と目が開くのは、ありがたいことです。

 

昨日は運転免許の更新に行ってきた。

取得してから15年以上ハンドルを握っておらず、いわゆるペーパー・ドライバーというやつです。

しかもゴールド免許。

恥ずかしいというかなんというか、やけにペコペコしてしまう。

たまに人様の車に乗せていただく時には、とりわけ恐縮する私。

運転する資格はあるのに、運転できないというモヤモヤ感はたとえようもない。

仮に運転を代わったとしても、行先は地獄でっせ?

「Highway To Hell」を地で行くスリルはあるけれど、みんなの命が大切だ。

交通安全。これが第一。

 

近い将来、カッコよく縦列駐車などを決めたいというヴィジョンもなくはないが、しばらくは車を操る機会はないだろう。

とはいえ、公的な証明書としての免許証の威力には凄まじいものがありまして。

更新しないという選択肢は考えられないですよ。

めんどくさいながらも、レッツゴーだ。

 

滅多に行かない都庁に足を踏み入れた途端、 キョドキョドした。

すべての警備員が自分をマークしている!という気分に浸りながら、免許更新の受付へ。

ここから7段階ぐらい、窓口から窓口へとたらい回しにされましたよの巻。

完璧に構築されたベルトコンベアーのようなシステムのおかげで、ストレスとは無縁だったんですけどね。

係の方々の手際の良さに感心しながら、またもキョドキョドしていたら、「こっちこっち!」と更新料支払い窓口のご婦人に注意されたのは秘密です。

 

視力検査で緊張がMAXに達したものの、特に問題なくて、よかった。

ここ数年の目の衰えを心配していたのだが、まだまだ裸眼で先を見据えることができそう。 

毎日ブルーベリーなどを摂取して5年後に備えます。

 

いよいよ写真を撮る段階に入ったのだが、なんだか間抜けなやりとりをしてしまった。

荷物を置いて椅子に腰かけ、カメラを見つめる私。 

撮影担当のおばちゃんが「はい!もうちょっと右に曲げて!」と言ってきたものだから、にこやかに首を右に傾げましたよ。

……だって、曲げるんでしょ?

 

おばちゃん「ちょちょっ!行きすぎです。そうじゃなくて、回してっ!」

私「?」(右に傾けた首を左に回す)

おばちゃん「戻して!戻して!」

私「???」(にこやかに、微妙に戻すフリをする)

おばちゃん「回して回してっ!」

私「?!?!?!」(これ以上回すと、『エクソシスト』みたいになる!)

おばちゃん「止まって!はい、そこ!」

 

こんなやりとりの間、僕の後ろには5、6人が並び、渋滞の原因となってしまった。

もっとパパッと撮るものだとばかり思っていたのだが、あのカメラマンのこだわりは何だったのか。

写真を撮られるのが下手な私がいけないのかもしれない。

日々、鏡に向かって、キメ顔および姿勢の練習をしようと思う。

 

この後、30分間の講習を受け、めでたく免許更新。

似たような誕生日の人たちが講習室にみっちり詰め込まれる様子は、俯瞰でみるとなかなか面白い。

ほぼ毎日、朝から夕方まで、これだけの人が訪れるのだから、世間は広い。(←適当)

そして、この人波を適切にさばく職員の方々もたいしたものである。

さすがの交通整理だね!(←うまく言ったつもり)

 

免許証の写真が過去最高にハンサムだったため、ゴキゲンになってしまった。

うん、たぶん、これは良いよ。

というか、今までが極端に変だったのかな。

何はともあれ、あの時、曲がらぬものを曲げた成果だよ。

へらへらしてると、良いことあるというお話でした。